私の大好きなノート 〜paperblanks〜

この記事は約 6 分で読めます。

こんにちは^^

Kasumiです。

今日は私の大っ大っ大っ大好きな、イケてるノートのご紹介をしたいと思います。

このノートに願い事を書くと叶ったり、叶わなかったり、、、(笑)

でも、そんな何かもなんのその♪

これだけの見た目、それだけでも十分でしょ!!と言いたくなるほどです。

その名も〝paperblanks〟と言いまして、カナダ発進のノートでございます。

paperblanlksのミディサイズのノート
左上から時計回りに茜色/ターコイズ/マヤブルー/ダイヤモンド・ジュビリー

良質な紙のノートが欲しいなとか、このボクの(私の)素敵な万年筆に合う紙のようなものとは?とか。

ハリーポッターとかそんな感じの洋書チックなノートが欲しいなとか、ちょっと高価な特別な文房具類がお好きな方などなど、そんな風にネットで探してみたりしたことが1度でもある方は聞いたことがあるブランドではないでしょうか?

そもそもはカナダ発祥なのだそうですが、今では多くの国、人々に愛されているブランドだと思います♡

とある方が、ヨーロッパの方へ旅行した際に「その地で購入した」と、paperblanksのノートを紹介していたのを見たことがあったので、てっきり私も、paperblanksはヨーロッパのどこかの国のブランドかと思い込んでいたのですが、あまりにも書き過ぎて、度々欲しくなって、そしていろんな種類を見ているうちに、本当はカナダ発祥のブランドだったということを後になって知りました。

今ここではお伝えはしませんが、個人的に、私は何かとカナダにご縁があると思っているのでそれはとても嬉しい出来事でした。

本当に好きなんですね、paperblanks。

私は、割りかし若い頃から何かとノートに書きたがる性格で、携帯(スマホ?)に〝メモる〟というよりは〝書く〟派でした。

なので、昔からノートが好きで、ノートを集めるのも好きでした。

でもいつしか、段々とノートの内容、紙の質にもこだわる...とまではいかないのですが、書いていて自分が気持ち良くなれるノートがたまたまpaperblanksだったというわけなのですね。

文房具売り場にあるちょっとお高めなノートって、帯に「書き心地が違う」とか、書かれていることがあるんですが見掛けたことありませんか?ありますよね?(笑)

それを見て「ほほぅ♪」と、ちょっと知ったような気になってみて買ってはみたりするのですが、どういうわけか、私に繊細さが足りないのか、私にはそれほどまでに格別な何かを感じられたことはあまりありませんでした。

私はこのpaperblanksをよくも知らずに、ただ「カッコいい!!」という見た目が好きという理由だけでマヤブルーというミディサイズのノートを買ったのが初めてのpaperblanksでした。

ですが、やっぱり〝なんとなく〟とか〝よくわかんないけど〟ってけっこう正義ですよね。

まさかここまで「大好きだ!!」と、ブログにしてみようかなと思うほど惚れてまっていたとは...(笑)

でも本当にカッコいいんですよね。

決して、私は全てのpaperblanksを知っているわけではありません。

というか、最初に買ったミディが自分にピッタリ過ぎて、立て続けにミディを買っていたのですが、なんとなく後に「もうちょいデカいサイズのが欲しいな〜」とか思ってウルトラも購入してみたのですが、どういうわけか私にはやっぱりミディみたいです。

paperblanksのミディとウルトラ
左2つはウルトラサイズ(左オーレリア/右 頂点)

ちなみにこれらのノート全て、ほぼ余白0なくらい文字で埋め尽くされています♡文字文字くんです♪

自分でもよくそんなに、それだけの量の字を書いたなぁとは思うのですが、多分なんですが、私には〝文字を書く〟ということが1つの癒しになっていたんじゃないのかなとは思うのですよね。単純に〝文字を書く〟ということが好きですし。

なので封筒の宛名書きとかもめっちゃ好きなんですよね、余談ですが(笑)

すごい無意識でしたが、気付けば今までやり続けていたというのはやっぱりそういった作用や効果があったからなんじゃないかなとは思います。

あとやっぱり、ノートが素敵だと、開きたくも持ち歩きたくもなるんですよね。あといつでも目に付くところに置いておきたくもなる。

ついでにペンもこだわりたくなります(笑)

ノートってべつにコクヨとかジャポニカとか、そういった今まで子供の頃からお世話になってきたノートでも、私、十分に好きなんですよ。最初から。何の不満もないです。

中間くらい(の値段だと私は思うのですが)のミドリが出してるMDとかRHODIAとかも全然嫌いじゃない。RHODIAのメモパッドとか使い勝手良いと思いますし。

でも、今まで買ったどのノートより高額ではあるんですけども、でも確かに私はこのノートが1番好きで、確かに書きやすい!!と身体がそう感じてしまったのです。

 

見た目は元より言うことないでしょ?カッコいいじゃないですか!?

私は画像のような中世的なデザインが好きなのですが、でも他にもけっこういろんなデザインがあるのですね^^

この画像からは想像できないような「えっ?これもpaperblanks?」みたいな奇抜なデザインもあったりします。

でもやっぱりこの側面の刻印、美しすぎません???♡

paperblanlksの側面のエッジプリント
留め具が付いているタイプのノートの側面には美しすぎるエッジプリント

もう私的にはこれだけでも優勝です♡

で、私は知っての通り、生粋の左利き信者です。

なので、紙とペンの相性ってけっこう大事なんですね。

まぁこれは後付けなんですが^^

今では右開きのノートでも逆から使うことを覚えたりもしましたが、paperblanksだと、どういうわけかインクが手に移ることがほぼないです♪

そこもかなりポイントの高い点です。

画像では、この優しい、温もりを感じられる紙の質感がお伝えできずとても残念です。

paperblanks MIDI 罫線
画像では質感をお伝えできないのが悔しいっっっ

ここ最近では、基本的には、万年筆にはシュナイダーを使い、そして愛用のpaperblanksはついに7冊目。

次はウルトラの罫線を買う予定です^^

贈り物にもGood

You Styleというお店(ネットだけなのかな?)があるのですが、そこでは好きなメッセージとかを刻印してくれます。みんな大好き無料です(笑)
私は友達にpaperblanksをプレゼントする時には、だいたいそちらでメッセージを刻印してもらい、そしてラッピングをしたりして贈っています♡
良かったら覗いてみてください^^

そんなわけで、今日は私の大大大っ大好きなノート〝paperblanks〟について思いの丈をなだらかに語ってみました^^

最後まで読んでくださってありがとうございました♡

追伸
今日は七夕ですね☆彡
ここ何年かずっと雨(曇り?)だったような記憶なのですが今日は見事に晴れそうですね♡彦星と織姫会えたらいいな♡
でもやっぱり私は好きな人にはいつも手の届く近く範囲にいてほしいな♡(聞いてない?笑)
そんなわけで今日は「いつもありがとう」の気持ちを込めて大好きなバターチキンカレーを作りたいと思います^^
ではでは♪ささのはさぁ〜らさら•*¨*•.¸¸♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA