伊右衛門カフェのお姉さんが素敵だった話 〜やっぱり笑顔って最高だね〜

この記事は約 11 分で読めます。

こんにちは、Kasumiです^^

暑いですね(´Д` )←精一杯溶けてる感じを表現したいです。

日本の夏、キンチョーの夏といったところでしょうか、夏真っ盛りです。

本日はですね、、、

って気付けばもう最後に投稿して、およそ1週間くらいが経とうとしているのですが特段サボっていたわけではありません。

言うなれば私はrelievedの外壁工事をしていました。

お気付きでしたか?^^

プロフィールなんて掲げないと言っておきながら割とすぐですが、、、

一応やってみました(笑)

relievedプロフィール
タイミングによって内容が変わっていることがあると思います。

こんな感じに仕上がりましたが、いかがでしょうか?

やっぱりプロフィールってなんか難しいです。

顔写真を上げてる方もたくさんいらっしゃいますが(めっちゃいろんなサイト見ました)ただただ「すごいなぁー」と感心してしまいます。

私にはとても顔写真なんて載せる勇気ないです。

でも子供時代は、お母さんの後ろからひょこっと顔を出したがるような子供だったので、もしかしたらいつかは皆々さまのお目にかかれる日が来ることもあり得ないわけではないかも知れません。(ややこしい)

なんというか私「主婦です!!」みたいに、自分のことをそうやって代名詞みたいに呼ぶのもあまり好きじゃないんですよね。

なのでお顔をさらけ出すのもちょっと今はまだ控えたい。。。

まっ、そんなことはどっちでもいいですね♪ポイッ

ということで、今日は気付けば10年以上お世話になっている歯医者さんに行ってきました。

半年ぶりに歯科検診です。

いつも歯をきれいにしてくれてありがとうございますヽ(´▽`)/

本当に先生が優しくてすっごく好きです。

なんていうか、私は今ある健康な状態の歯を無理矢理に削ったり失くしたりって、それで自分の歯を綺麗に見せるという行為はあまり好きじゃなくて(もちろん自分に対してですよ)でも、そういう歯医者さんもいれば、そうじゃない歯医者さんもいて、それぞれに良さや特徴はあると思うんです。

今まで私は数々の歯医者さんにお世話になってきているのですが、今の先生はそういった考え方があることを教えてくれた先生で、なぜか私もそれがすんなりと入ってきて、そして私はそれを自分には合っていると思い今もそうして、今ある歯を良い状態で居続けられるよう定期的に先生のところへ訪れています。

元より私は生粋の左利きな上(多分、関係ないですが)幼い頃から口の中がとにかく弱虫。

怪我や病気といったことには本当有難いことにほぼ無縁なのですが、虫歯になる回数、歯を抜かなきゃいけなくなる回数、大人になってから歯列矯正をしたりもしたので、本当今まで歯にかかった費用はなかなかの数字を叩き出せるのでは...と思うほど。

なので私にとって歯はかなり重要度が高いジャンルなのかも知れません。

時間も労力も、そして精神的にも、お金も、いっぱいかかりました。

ある意味、私の人生が掛かった最高傑作です(笑)

私の今の歯医者さんの先生は、生まれも育ちも六本木で、とても品のある、優しくてさらぁ〜っとした爽やかなイケメン先生です♡

だから行くのも楽しいです♡

毎度スキップです♪

決して変な意味ではないですよ^^

でも単純に品がある男性ってとても素敵だと思いますし、六本木って聞くとどうしてもガチャガチャした方の六本木を想像してしまいがちですが(そんなことないですかね?私はそうなんですよね)先生は全然そんなことないです。

いつしかネットで先生が〝歯医者になったきっかけ〟みたいなことを話している記事を見たことがあったのですが、なんかその話もすっごい素敵だったと記憶してるのにどうして内容を覚えてないのでしょう(;_;)笑

まっ、いっか♪

またすぐ話が逸れてしまうので先生についてはまだ後日。

というわけで、せっかく外に出た&六本木の方へ行くのは久しぶり。

しかも蒸し蒸しというよりかは少し風もあって心地がいい陽気。

なので歯医者が終わってから、なんとなくぷらぷらと「懐かしいな〜」なんてふんわり思いながら歩き回っていたんですね。ゆ〜っくり。

夏のお散歩はゆっくり歩くのがコツですよ(笑)

それだと今日みたいな日なら、そんなに汗だくになりませんから。

けっこう気付くと他人の歩いてるペースに合わせてたり、気付けばいつも一生懸命歩いてる時の速さになっていたり...

けど何もない、時間をあまり気にしなくていい時は、私はけっこう敢えてのダラダラ、のろのろと歩くことを意識したりする時があります♪

もう今日とかはとても外が居心地良かったので、そんな意識もせずにちんたら歩いてた気がしますけど(笑)

それでですね、今日は大して写真もなくアレなんですけども、ぷらぷらした挙句、辿り着いたのは品川駅は港南口にある〝伊右衛門カフェ〟という多分オフィスビルの1階にあるカフェ、、、

というよりは個人的にはカフェスペースという感じだった気がします。

具体的に何が違うのかはちょっとわかりませんが、私の中のカフェっぽいではありませんでした。

私は辿り着いたや否や、真っ先に外の誰も座っていない広々としたテラス...ともやっぱちょっと言い難い感じではあるのですが、外のテーブル席を狙いました。

多分、前日の蒸し蒸し止まっているだけでも汗だくファイヤーみたいな日だったらとてもそこには居られなかったと思います。

でも幸い今日は風があったので、またビル風のちょっと人工的な風とも相まっていい感じの風が吹き抜けていたのですね。

ましてや誰も座っていないなんて私にとっては超特大特等席ですよ♡

私は即座にそこを目掛けて、そして中に入ってテイクアウト用の和三盆ほうじ茶ラテを頼みました。

めっちゃ美味しかった♡

また飲みたい!!

それでなんですけどね、私、今日、今時にはもう珍しいのかも知れないのですが、ずっと現金でやり過ごしていたんですね。

日本円小銭の画像
小銭じゃらじゃら•*¨*•.¸¸♪

今時の若い人たち、PayPayとかバーコード決済(もちろん私もあるのですが)が当たり前の人にとっては当てはまらないのかなと思うのですが、私くらいの年代の方なら多分「わかる!!」って方もいらっしゃるのでは?と思うのですが、

なんか小銭って気付いたらめちゃめちゃ貯まってません?

それに貯まった小銭ってどうしてますか?

なんか今の世の中、小銭というか現金を遣うのが若干悪みたいに扱われるじゃないですか?(笑)

もちろんお店の方にも、例えば後ろに並んでいる方にもご迷惑にならないよう且つ迅速にお支払いできるよう、こちらも割と万全の体制を整えてからの「今日は現金遣うぞ!!」という心構えではありました。

私はふと、今まで貯めてた...もしくは「貯めてた」と言うよりかは一旦脇に置いていたみたいな小銭たちを一体いつまでこのままにしておくのか?と思ったわけなんですよね。

私は割りかし百円玉とかもボコボコ貯金箱に入れるタイプで「宵越しの金は持たない」みたいなそんな粋な人がカッコよく思っていた時期もありました。

その日使って余った小銭は全部貯金箱、翌日はまた新たにお札から遣っていくという感じで。

五百円玉貯金にハマった時には、とことん五百円玉を貯める為に無理矢理小銭に崩して、でまた五百円玉貯金箱。

そしてまた余った小銭は小銭専用の入れ物にボコボコと入れていた時があったんですね。

でもそうすると、いっぱいになった頃には結局またお札に変換させるわけなんですよ、不思議ですけど。

ハッキリ言って「何がしたかったんでしょうね?」って感じで自分でもよくわかりません(笑)

私は何故かいつも母に両替を頼んでいたのですが、多分近年ではこの小銭をお札にしたり、そもそも貯金(預金)するのに手数料が掛かるらしいんですよね。

知っていましたか?

「えっ?小銭貯金する意味あんまないじゃん?」と感じるくらいのまぁまぁの手数料だったんですよね、確か。

母、大丈夫だったのかな。。。なんかごめん(笑)

一応、このブログを書き上げた後にちょちょっとですが調べた感じ、郵便局なら無料で、入金してから引き出しという流れでなら〝小銭→お札〟にできるらしいです。詳しく教えてくれる人がいるんですね。ありがとうございます。参考サイト▶︎▶︎こちら

【7月31日追記】後日、自分でもやってみようといざゆうちょ銀行のサイトを見てみたら窓口でも51枚から手数料(550円〜)がかかるとのことでした...同じお金なのに何故お札だと良くて小銭ではダメなんでしょうか...ひとまず私は自分の使っている銀行のATMから500円玉を100枚ずつ預金し(100枚までなら無料♪)それ以外の小銭は現金投入可能なセルフレジ等でちょこちょこ遣わせてもらおうと思いました。

近頃はそんな母と会うことも少なくなってしまったのですが、自ずと貯まっていたその小銭たちを見て「一体私はいつ遣うんのかな?」と思ったわけなのです(゚ェ゚(。_。(゚ェ゚(。_。*)コクコク

別に無理に遣う必要はないんですけども、でも遣わなかったら多分この小銭たちはこれからもずっとここで小銭のままで、果たしてお金の意味を成しているのであろうか...と、なんとなくですけどふとそんな風に思ったのです。

そうしたら「今日から今ある現金を遣っていってみよー♪」という会になりまして、、、

歯医者の帰り道にはお散歩も予定して、少なくとも1回はどこかの喫茶店やらコンビニやらには寄ると思ったので五百円玉以外の硬貨をじゃらじゃら引き連れていくことにしたのです。(五百円玉は開かない貯金箱なので笑)

という経緯で伊右衛門カフェでは現金でお支払いをしたのです。

そしたら店員のお姉さん、、、

最初からとても感じの良い方だったんですが、やっぱり今時現金のお客様は少ないんでしょうね^^

「ありがとうございます」って言いながら、すぐにお茶の用意をしてくれようとしていたんですけど現金置きっぱなしで(笑)

さすがに私もそこから離れていいのかわからず「あの、お金しまわないと...」って言ってしまったのですが、慌てたお姉さんは「ひゃー!!」といった様子で「ありがとうございます」ってにこやかに対応してくれました。

別になんてことないことかも知れないんですけど、やっぱり私はこういった時に出る人の仕草だったり対応の仕方だったりはその人本人を映し出しているように思えて、にこやかに笑って「あちゃー、やっちゃったー」みたいなお姉さんが私にはとても愛おしく思えました。

それ以外は特に何もないのですが、そこでほうじ茶ラテを受け取り、私は狙っていた外の席に座りのんびり過ごしました。

余談ですが(逸れないように、逸れないように...笑)私はそういった風の当たる場所にいるのがどうやら好きみたいで、そういう場所にいるといろいろがどうでも良くなっちゃうんですね。

あ〜♪
気持ちいいな〜♪
幸せだな〜♪

って。

時には「なんて返そう...」なんて悩むメールも、そういった場所に行って改めて相手の気持ちを考えてみたり、そしてもちろん自分の気持ちもどうであったりするか観察しに行ってみたり、、、

余談でした(笑)

私は基本的に一気飲みができなくて、なのでテイクアウトができるお店ではいつもテイクアウト用の容器でもらうようにしているんですね。

それは気分屋の私にとってとても良くて「やっぱりもう帰りたいな」と思っても「あぁ、でもまだ途中なのにもったいないな」とか考えなくていいですし、

都内なんてだいたいどこ歩いていてもコンビニやらスーパーがあって、昔ほどは「家庭のゴミを入れるな」みたいなこと書いてるゴミ箱も減って、ある意味いつでも動けて、いつでも捨てれるテイクアウト容器は私にとって最高のカップなんですね。

なのでもちろん今日もテイクアウト用のカップでお願いし、そしていつでも自分の好きなタイミングで立ち上がって散歩の続きをしよ〜なんて考えたりもしつつメール作業等もしていました。

そして落ち着いてきた頃、段々とその場にも飽きてきて、そろそろ行くかな〜なんて席を立ち上がった時、特に何も考えていなかったのですが、なんとなく後ろを振り返ってしまっていたんですね。

本当に特に理由もなく。

でもそこには、ガラス越しではあったけど、先ほどのお姉さんがめっちゃ笑顔でにっこりとどう考えても「ありがとうございました。」って言ってくれてる姿が目に入ってきて、なんだかそれが私にはめっちゃ嬉しいことのように感じました。

むしろそんな風に笑顔で見送ってくれてどうもありがとう!!とこちらが言いたいくらい(;_;)♡

特段、何かそのようなことを期待していなければ、望んでもいなかったと思うのですが、普通に後ろを振り返ったらそんなようなお姉さんがいて、なんだかそれだけで私の今日1日はとっても素晴らしい日だった!!と思ってしまい、そうしてそれを今私は書いています。

本当に本当に日常のほんの些細な一部分かもや知れませんが、私は本当にこんなのが幸せだなって思います。

ありがとう、お姉さん^^

まだ小銭あるからね(笑)

今度もまたしまい忘れてもいいけど(いや、ダメか笑)どうかその笑顔は忘れずに♡

こうやってお姉さんの笑顔でむーちゃくちゃハッピーになる私みたいな人間がいるんだから^^

最後まで読んでくれてありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA